FC2ブログ
 

死の誘惑

死の誘惑

生きることも、死ぬことも、どうしようもなく怖くて、時々発狂しそうになる。

どこを見ても壁しかなくて、暗くて、道なんて見えない。あるのは闇と絶望だけ。精神の限界なんて、とっくに突破してる。

死が耳元で誘惑の言葉を囁く。それがとても魅力的で、頭で何度も"死"を想像する。

それでも、いざ"それ"を目の前にすると怖くて足がすくみ、一歩を踏み出せない。

そうして死ぬことができず、また死んでないだけの日々を過ごす。

死ぬことができないから生きる。簡単な消去法。

たぶん、私は"死"に取り憑かれているのだと思う。魅了されている、といってもいい。

でも、前の記事でも書いたように自殺は絶対に失敗ができない。死んでから後悔しても後戻りができない。

自殺はいわば最終手段。もうこれしか抵抗しうる手段が残されていない、という時に使う自爆スイッチのようなもの。

死んだことのある者がいないから、死んだらどうなるかが分からない。不確かなものに賭けることほど不安なことはない。

自殺というリスクを冒してまで救われなかったら、死んでも死にきれない。

同時に、「やっぱりあの時死んでおけばよかった」と、後になって後悔するのも怖い。

生きることも、死ぬことですら救いにならなかったら、人はどうすればいいのだろう。

神様、私はあと何年生きなければいけないのですか?

あと何年耐えれば救っていただけるのでしょうか?

いつになったら光は見えるのでしょうか?

神様、私はもう疲れました。もう、疲れました。

誘惑に負けそうです。神様。
スポンサーサイト




Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索