吃音な俺がブログとやらをやってみた

前編

  同じタグの記事が一覧表示されます
edit-notes16.png --.--.--.
ichiran16.pngスポンサー広告

スポンサーサイト

⇒ 続きを読む

edit-notes16.png 2012.06.29.
ichiran16.png小説

小説「無人島レストラン(前編)」

「暇だなぁ」そう言うと、高岡は大きな欠伸を漏らした。「夏休みで大学も休みだしな」山本がめんどくさそうに答える。「折角の夏休みだしさ、二人でどこか行かねぇ?」「”どこか”ってどこだよ。だいたい今からじゃどこも人でいっぱいだろ。疲れるだけだっての」少し間をおいた後に、高岡がなにかを思い出したかのように喋りだす。「お前さ、”神隠しの島”って知ってるか?」「神隠し?」「あぁ、地元の人間なら絶対に近づかない、結構大きな無人...

⇒ 続きを読む

無人島レストラン 小説 一次創作 オリジナル 前編 どちらかというとホラー 短編 泥船 神隠しの島 フィクション 
edit-notes16.png 2012.02.25.
ichiran16.png小説

小説「35歳無職童貞引きこもり男が就職してみた【前編】」

「宏!ご飯ここに置いとくからね」母、千恵子の声が扉越しに聞こえた。宏は電気の消えた暗闇の部屋から少しだけ扉を開けてご飯を部屋の中へと引きずりこんだ。そして扉は静かに閉まり、また沈黙する。暗闇に包まれた部屋の中ではどこからか漂うアンモニア臭とパソコンの起動音だけが空しく響いていた。宏にとってはこの牢獄のような閉ざされた暗闇の部屋が世界の全てだった。ここでしか生きられない。生きようがない。そして誰からも...

⇒ 続きを読む

小説 35歳無職 童貞 引きこもり 就職 短編 前編 一次創作 シングルマザー 踏み出す勇気 
edit-notes16.png 2012.02.01.
ichiran16.png小説

人生初の小説「おばあさんの温もり(前編)」

今日もいつもと何1つ変わらない、変われない一日が始まった。朝起きて、朝飯食って、歯を磨いて、トイレに行って、出勤する。アルバイト先のスーパーに向かって川口は自転車を走らせる。季節は冬、風がひんやりと冷たい。店に到着し着替えが終わり事務所へ行くと店長の姿があった。「おはようございます」「川口君おはよう。品出し頼むぞ」「分かりました」なんとも愛想の欠片もない会話だ。そう思いながらも川口は品出しのため店内へと...

⇒ 続きを読む

小説 デビュー作 おばあさんの温もり スーパー 前編 川口 フィクション 素人 短編 即興で創作 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。