吃音な俺がブログとやらをやってみた

一次創作

  同じタグの記事が一覧表示されます
edit-notes16.png --.--.--.
ichiran16.pngスポンサー広告

スポンサーサイト

⇒ 続きを読む

【40万アクセス】芸能企画団体UGP【突破!!】

もういくつ寝ると♪30歳♪30歳になっても仕事して♪会社に一生尽くしましょう♪早く来い来い30歳♪(白目) ←社畜乙どうも、彼女という名の誕生日プレゼントが欲しい赤鈴です(真顔)突然ですが私―ある方からのお誘いで、芸能企画団体UGP 企画制作部 シナリオ班への所属が決定いたしました!!ではまず、"芸能企画団体UGP"についてご説明させていただきます。芸能企画団体UGPとは―当団体は情報化社会における創作コミュニティを...

芸能企画団体UGP ボイスドラマ 音声作品 脚本 シナリオライター 無人島レストラン オリジナル 一次創作 怖い話 ホラー 

クリックで
記事が開きます
edit-notes16.png
2015.07.16. ichiran16.pngボイスドラマ

【40万アクセス】芸能企画団体UGP【突破!!】

edit-notes16.png 2013.08.23.
ichiran16.png小説

小説「壊れゆく者たち 第2夜」

太陽の暖かい陽射しが智子の部屋のカーテンを明るく照らし出す。智子の携帯のアラーム音が朝の静けさを打ち破り、騒々しく鳴り出した。ゆっくりと目蓋(まぶた)を開け、騒ぎ続ける携帯のアラーム音を黙らせた。再び、部屋が静寂に包まれる。数分ほど余韻に浸った後、ゆっくりと起き上がった。何かを捜すかのように、智子は辺りを見渡した。すると、部屋の中央にあるガラステーブルの上にB8ほどの大きさの白い紙が置いてあることに...

⇒ 続きを読む

小説 一次創作 オリジナル小説 自作小説 壊れゆく者たち 運命の第2夜 謎の新入社員 歓迎会 別荘という名の屋敷 そして悪夢へ 
edit-notes16.png 2013.06.13.
ichiran16.png小説

小説「壊れゆく者たち 第1夜」

「智子、ランチ行こうよ」「うん、ちょっと待って」ある日の昼下がり、智子と恵子は持参の弁当を片手に近くの公園へと向かった。公園に到着するとベンチに腰かけ、昼食をとる。空は青く澄みきり、太陽はがむしゃらに光を地上へと降り注いでいた。季節は春、公園は桜で辺り一面ピンク色に染め上がっていた。「桜、綺麗だね」「うん、女二人で見るにはもったいないね」「たしかに」恵子は思わず苦笑いを浮かべる。「でも、智子には"...

⇒ 続きを読む

小説 一次創作 オリジナル小説 連続モノ 自作小説 第2話から本番 恋愛パート リア充爆発しろ! 死亡フラグ 無人島レストラン 
edit-notes16.png 2012.07.23.
ichiran16.png小説

小説「無人島レストラン(後編)」

山本と神部の間に、永遠にも感じる沈黙が流れていた。最初に沈黙を破ったのは神部だった。「そういえば、彼が面白い事を言ってましたね。”お父さんを捜しているんだ”って。写真を見せてもらったら、知っている方でしたよ」「あんた、まさか高岡の親父の事を知っているのか!?」「えぇ。よく存じてますよ。だって私なんですから、その人を殺したのは」「なん・・だって!?」神部は淡々とした口調で語り始めた。「食材としては賞味期限ぎり...

⇒ 続きを読む

小説 短編 一次創作 オリジナル 後編 数年後 意外な結末 ホラー オカルト 殺人鬼の目 
edit-notes16.png 2012.07.10.
ichiran16.png小説

小説「無人島レストラン(中編)」

高岡の地元から船で1時間、二人は”神隠しの島”と呼ばれている無人島へと到着した。時刻は深夜3時。周りは常闇に包まれている。さすがに無人島と呼ばれるだけあって、人の気配は微塵も感じない。先の見えない深い森が二人を出迎える。生い茂る木々達が不気味な表情を覗かせる。思ったよりも島の面積は広い。1周するだけでも、数日はかかりそうだ。「よし、二手に分かれよう」そう言い出したのは高岡だった。「二手に分かれるって、何か...

⇒ 続きを読む

小説 短編 一次創作 オリジナル 中編 無人島レストラン 急展開 料理 神部 無料(タダ)より高いものは無し 

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。